高野山、宿坊に泊まる旅

HOME > 電車の旅 > 高野山・吉野・奈良1 (→ 高野山・吉野・奈良2)

無料でネットでお小遣いを稼ぐ
Macと楽しい道具たち

高野山・吉野・奈良 〜仏教とふれるたび〜

僕にとってまだ足を踏み入れてない県は和歌山県だけでした。今回特にここに行きたいという案が出なかったので僕の希望を聞いてもらい念願の和歌山県に行くことにしました。

せっかく高野山に行くので今回は一日目は宿坊に泊まることにしました。お寺に泊まるなんて初めてです。精進料理もおいしいと聞くのでちょっと楽しみにしていた旅でした。

9/3

地元を7時頃出て新幹線に乗り大阪梅田で現地集合。ちょうど昼時だったので近くにあったぼてぢゅうというお店でお好み焼きを食べました。

今回、高野山・吉野・奈良を巡る予定だったのでまずは高野山に行くため南海高野線に乗るべく南海なんば駅に向かいました。しかし理由は忘れましたがその前に近鉄難波駅によったんです。すると窓口のパンフの中に「3・3・SUNフリーきっぷ」というのがありました。名鉄・近鉄・南海が3日間乗り放題。+1,000円で各グループのバスと船!まで乗り放題です。話し合った結果これで高野山・吉野・奈良を巡って帰りは近鉄で名古屋経由で帰ろうか、ということになり「3・3・SUNフリーきっぷ」を買うことにしました。。後でこのバス乗り放題が役に立ちました。後で近鉄で名古屋に行こうというのがアダになりました・・

南海高野線〜高野山・吉野・奈良南海高野線の特急に乗って高野山を目指しました。しばらく行くと右手に古墳のようなものが。8年前仁徳天皇陵に来たことがあったのでたぶんこれはそうだなと思いつつ町中をすすんでいきます。地図を持っていかなかったのでどの辺から和歌山県になったのかわからなかったのですが三日市町駅を過ぎたあたりから前方に山が迫ってきていたのでこの辺からかな?とぼーっと考えてました。他の2人は寝てます。僕も眠気を押さえつつ初めての景色を楽しんでました。電車は九度山まで来ました。真田親子が蟄居していたという場所なので山奥を想像していたのですがけっこう開けていたのでちょっと意外でした。時間があれば真田庵によりたかったです。

ここから電車は山には入りました。けっこう登ってます。カーブを車輪がキーキー鳴きながら走ってます。住んでいる人には失礼ですがうおー、家建ってるよ、と思わず思ってしまうところに家があります。高知のかづら橋に行く途中に見た集落以来の驚きです。失礼だとは思いますがなんでそんなところに住んでいるんですか・・と質問してみたい気持ちでいっぱいでした。

 

 
 

高野山ケーブル〜高野山・吉野・奈良かなり登ります。かなり山の中入ります。よく電車通したなと感心してしまいました。それだけ需要があるんでしょうね。きっと。約1時間半で終点の極楽橋駅に到着。降りてから道なりに歩くとケーブルカーが接続していました。電車に乗る前はケーブルカーは有料なのかな?と思ってたのですがどうやら電車の一部のようです。無料でした。

頂上駅からバスで町の中心地に行きます。千手院橋バス停で下車し、歩いて金剛峰寺に行きました。

高野山金剛峰寺〜高野山・吉野・奈良金剛峰寺はシンプルで派手さはありません。総本山ということでもっと豪勢なものかと思っていたのですが静かなたたずまいです。3・3・SUNフリーきっぷにはいろいろな施設の優待券が着いていて金剛峰寺も20%オフでした。参拝順路に従ってすすんでいくと新別殿という大きな広間でお茶を振る舞われました。お坊さんが一人いていろいろ話してくれました。金剛峰寺の少し先の大塔は夜にはライトアップされてるんだよと教えてくれました。大塔のライトアップを知らない人が多いようだが、せっかくだから行ってみなさいと教えてくれました。せっかくなので夜行ってみることに。

金剛峰寺蟠龍庭〜高野山・吉野・奈良庭もなかなかいい感じです。綺麗に手入れされていて見ていて気持ちいいです。砂の模様はどっから手をつけるんだろうか?とつい考えてしまいます。最後は台所に出ました。お寺の台所始めてみました。しかも現役のようです。スイカが冷やしてありました。(写真取ったつもりで取らなかったみたい)この後もそうですが高野山では生活を感じる場面が多々ありました。おそらくお寺の跡取りなんでしょうか、坊主頭の高校生が歩いていたりとその辺も面白かったです。とりあえず近くの大塔によってから今夜の宿、福智院にへ向かいました。

福智院〜高野山・吉野・奈良福智院は高野山最大の宿坊だそうです。どこに泊まっていいかよくわからなかったので一番大きいという福智院に決めました。(決してホームページの精進料理の写真で決めたわけでは・・部屋の写真も綺麗ですよね。)若い修行僧さんが部屋まで案内してくれました。通された部屋は・・あら?ホームページの写真と違う・・まあ普通の旅館の部屋くらいでしょうか。やっぱり一番安い部屋だからと心を納得させました。福智院では部屋にカギは付いてないとのことです。まさか盗みをはたらく輩はいるまいとのことなんでしょう。貴重品はここの金庫に入れてくださいと棚を開けるとあれ?金庫がない・・貴重品はフロントに預けてくださいといった若い坊さんがちょっと可笑しかったです。

福智院精進料理〜高野山・吉野・奈良食事前に24時間入れる大浴場で疲れを癒します。ずいぶん立派です。下手な旅館なんかより立派でしょう。フロから上がってのんびりしていると修行僧が食事を運んでくれました。・・あら?ホームページの写真と違う・・確か写真は四膳だったような、お隣は三膳あったような・・やっぱり一番安い部屋にしたからでしょうか。こんな事なら奮発すればよかったと少し後悔したのはいうまでもありません。他の二人は十分満足してましたがホームページの写真の精進料理を期待してしまった僕はちょっとがっかりしちゃいました。内容は天ぷら、煮物、ごま豆腐、野菜だけの冷しゃぶ?、塩味のすりとろろ、吸い物、ご飯、漬け物。まあ、結構量もあっておいしかったです。次ぎ来たときは四膳のやつ食うぞと密かに心に誓った僕でした。

高野山大塔〜高野山・吉野・奈良食事が終わると修行僧さんが布団を引いてくれます。ほんと旅館並みですね。テレビも付いてるし。金剛峰寺のお坊さんが教えてくれた大塔のライトアップを見に出かけました。

僕は朝の勤行に参加するつもりで宿坊に泊まったので早めに寝ました。みんなも疲れているので10時頃にはみんな寝ました。

 

<< 高野山・吉野・奈良2につづく >>


HOME > 電車の旅 > 高野山・吉野・奈良1 (→ 高野山・吉野・奈良2)


このサイトはリンクフリーです
自転車とステップワゴンで車中泊の旅、とりあえず行ってみよう http://kanetou.fc2web.com/

© 2004 kanetou All rights Reserved. ( toriite@kanetou.com )

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO